離婚 親権

離婚 親権

離婚と親権

離婚 親権




リンクについて

行政書士リンク集





その離婚、弁護士に相談するまえにTOP離婚親権


離婚と親権

未成年の子供がいる場合は、離婚後どちらが子供の親権者になるか決めなくてはいけません。
親権といっても内容は細かく分類されていますが、要するにとぢらが事実上の親として面倒を見るかです。

監護権というものもありますが、通常は親権と監護権を同時に有し、子供を引き取ります。


どちらが親権を有するか

まずは夫婦での話し合いで決めます。
どうしても決まらない場合は、家庭裁判所のお世話になります。

通常、よほどのことが無い限り乳幼児は母親が親権者となります。
ある程度の物事が理解できる年齢の子供の場合、子供の意思が尊重されます。

どちらと暮らした方が、子供が幸せか…そこを優先に考えます。

経済的な事情などもありますが、母親の方が経済力が少ない場合でも養育費を貰うという解決策があるので、殆どの場合、母親が親権者になることは難しくありません。


後から親権者を変更したい

何らかの理由により、子供を育てることが出来なくなった場合は、家庭裁判所に親権者変更の調停を申し立てることができます。

子供は物ではないので、親の都合で振り回したくないものです。
子供の福祉を尊重してあげましょう。



離婚だけはしたくない!まじめで本気な離婚回避マニュアル

離婚話を切り出された、離婚されてしまいそう…
でもなんとか離婚だけは食い止めたいというあなたにおすすめのマニュアルです。
⇒今まで成功者達が語らなかった!離婚回避マニュアル



時間とお金と労力を節約できる!一番売れてる離婚調停マニュアル

離婚する決心はついた!
しかし離婚を円満に進めるのって大変です。
暇さえあればネットで離婚について、法律について、お金について調べる毎日。
結局何からどうやったら自分にとって一番良いのか分からなくなってしまった…
そんな方へ上手に離婚する近道を提供するマニュアルです。
⇒今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル




 離婚のための基礎知識

 
離婚と慰謝料
  離婚と財産分与
  離婚と親権
  離婚と養育費
  離婚と婚姻費用
  離婚と離婚協議書
  離婚と公正証書
  離婚後の戸籍
  離婚の種類と方法 
  夫と上手に離婚する方法 
  離婚・母子家庭のQ&A 


 管理人の離婚前後

  私の結婚生活
  離婚の原因
  離婚話が出て実行したこと
  離婚するために調べたこと
  最愛の子供の事
  離婚後住む場所は?
  離婚を弁護士に相談しました
  離婚協議書の書き方とサンプル
  公証役場で公正証書が完成
  引っ越しをしました
  離婚届を提出
  子供の転校手続き
  子の氏(子供の名前)の変更
  児童扶養手当の申請
  離婚とその他の手続き
  審査の甘いクレジットカード
  なるべくお金をかけずに離婚する





Copyright(C)その離婚、弁護士に相談するまえに All Rights Reserved.

本文、及び画像,を無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。

2011.8〜